「栞」日記

栞工房(くりっち・しぃ)のブログです。時折文鳥のぶんた・くるみが登場したりもします。日々是精進なり。

栞色1stアルバム
栞色
全11曲入り
1,500円(税込)
発売中
お求めはこちら

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

アコ趣味♪


いまから上大岡赤い風船前で
しんやさんが歌います♪

カホンのしょうたくんも一緒ですよ☆

しぃ

| 栞日記 | 14:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

takamine DMP500SP-NJ2

あらためて自分のギターについて知ろうと思いまして(今頃?)、
ちょっと調べたりしています。

moblog_489de574.jpg
(今朝の状態)

Takamine DMP500SP-NJ2 というギターです。


・・・なんですが、限定モデルだかなんだかで、中々情報がありません。
生産台数がかなり少ないみたいな話もチラホラ

とりあえず、ニューハカランダという木が使われているというのは間違いなさそうです。

多分型名の最後の「NJ」はそれのことではないかなと邪推するわけです。


で、どこかのお店に載っていた情報によりますと・・・

トップ : スプルース単板(SOLID SPRUCE)
サイド : ニューハカランダ(NEW JACARANDA)
バック : ニューハカランダ単板(SOLID NEW JACARANDA)
フィンガーボード&ブリッジ : ローズウッド(ROSEWOOD)

ということになっています。

ギターの素材なんて、メイプル、ローズウッド、マホガニー位しか知らなかったので、
色々知らない名前があって、テンションあがりますねww


トップ材は、スプルースの単板だそうで、スプルースって松?のことらしいです。
初めは白で、焼けてだんだん変色していくそうなんですが、まさにうちのはそうなっています。
なんか最初と色が違うよな~と思っていたのですが、それもスプルースの仕様だったみたいですね。

アコギでは定番の木みたいです。

音的には、「歯切れのよく硬質な音」ってことで、
一般的なシトカ・スプルースなのかな?って思ったんですけど。。。

色的にみると、イングルマン・スプルースってやつじゃないかと思います。
かなり白かったんで。最初はね。
DSC_6365-01.jpg
(購入直後2008年12月の写真、結構白い)

で、サイドとバックには、ニューハカランダ。特にバックは単板で。

この、「ニューハカランダ」って素材。なんだかいわくありげです。
詳しいことは他のサイトにお任せして、どうやらホンジュラス・ローズウッドのことだそうです。

超高級材「ハカランダ」の「ニュー」なので、さぞかしド高級なのだろうとおもったのに、「なんだ、ローズウッド?」と素人考えで思いましたが、よくよく調べれば「ハカランダ」自体もローズウッドだったんですね。
こっちは「ブラジリアン・ローズウッド」。

ローズウッドって深い。。。


まぁ、結局はそんな材質云々を抜きにして、お茶の水界隈を歩きまわって、
いくつか弾き比べて、僕としぃちゃんが共に絶賛したこのギターを購入したわけですが。


確かマーティンとヤイリとか幾つか試したような。。。

そもそもカッタウェイの入ったやつって絶対的に種類が少なくて、
確かギブソンは選べなかったような。。。

とりあえず栞弾くにはカッタウェイが必須なもんで。

何故かどれもそんなに感動できなかったんですけど、
このギターだけはとてもよかったのを覚えています。
音に深みがあったね。


それまで使っていたBarclayのアコギに比べると、
本当にふくよかな音がします。

でも最近ギブソンのJ-50の音を聞いてしまってからは、
ちょっと硬くて高音が出過ぎる感じが気になるところです。

特にほとんど全力でフルストロークする僕にとっては、ややもするとちょっとやかましい感じw

ここらあたりは弦を換えてみたりで、調整していこうかと思っています。


regards,
critch

| DAW/機材 | 07:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |